お知らせ

お知らせ

「第20回 半導体・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞しました

キヤノンアネルバ株式会社(社長:酒井純朗)は、『 STT-MRAM量産向け MTJ多層膜成膜装置「NC7900」』に対して、「第20回 半導体・オブ・ザ・イヤー2014」半導体製造装置部門 優秀賞を受賞しました。

本表彰は 株式会社産業タイムズ社 半導体産業新聞が主催されており、2013年4月~2014年3月の間に新製品として発表された製品・技術から、「開発の斬新性」「量産体制の構築」「社会に与えたインパクト」「将来性」を基準に、最先端のIT機器・産業を支える半導体製品を選考されています。

当社の「NC7900」は、昨年実機を本社に設置し、量産装置としてMR比200%の高性能と、従来機の倍以上の高生産性を実現したことが評価されての受賞となりました。

キヤノンアネルバは、これからも長年培った真空薄膜の技術を礎に、得意とする磁性膜形成技術や量産装置の製造技術を磨き、更なる性能向上に取り組んでまいります。

受賞の様子


詳細については下記リンクをご覧ください。

このページのトップヘ