超高真空ビューイングポート(真空部品)

超高真空ビューイングポート

真空容器内を外部より観察するためののぞき窓です。コバールガラスまたは合成サファイアとコバールを封着したものをICFフランジに溶接していますので、10-8Pa以下の超高真空領域まで使用することが可能です。

超高真空ビューイングポート

特長

  1. 広く鮮明な有効視野
    薄型ビューイングポートですので有効視野が広く、またガラス、サファイアにはほとんど歪みがないので鮮明に観察が可能
  2. 超高真空領域まで使用可能
    ICFフランジを用いていますので、超高真空領域まで使用可能
  3. 優れた加熱許容性
    350℃のヒートサイクルに対応

仕様

耐圧力 0.1MPa(内部真空、外部大気圧)
許容加熱温度 350℃
温度変化 25℃/min以下
リーク量 1.3 × 10-11Pa・m3/sec以下
カタログダウンロードPDF:1.10MB

このページのトップヘ