アイソレイトバルブ V-025SV(真空バルブ)

アイソレイトバルブ  V-025SV

本バルブは主に油回転真空ポンプの吸気口に取り付けて使用するもので、ポンプ停止時に被排気系を真空封止し、その後、ポンプ側を大気ベントさせる二つの機能を兼ね備えた、バルブ駆動に圧搾空気を用いない自動バルブです。

自動及び手動排気装置等の停電や誤操作等によるポンプ油の逆流防止に役立つバルブです。

アイソレイトバルブ V-025SV

特長

  1. 油回転真空ポンプが停止後、自動で被排気系側をカットオフ(真空封止)し、その後、ポンプ側を大気ベントしますので被排気系側へのポンプ油の逆流を防止
  2. 駆動源にはポンプで発生する真空力を利用していますので、従来の自動バルブのような圧縮空気及びその配管は不要(ポンプが動作していない状態ではバルブは開きません。)
  3. 本バルブの操作は付属の電磁弁への電力供給をポンプの電動機と連動させて行うだけですので、特別な制御回路は不要

仕様

型名 V-025SV-100 V-025SV-200
使用圧力領域 大気圧~10-2Pa程度
リーク量 <10-6Pa・m3/sec
コンダクタンス 420l/min※1
メンテナンスタイム 10,000サイクルまたは1年
主要部材料 真空シール材:ふっ素ゴムOリング※2
ニトリルゴム※3
ボディ、弁体、スプリング:SUS304
軸シール潤滑剤:シリコングリス
接続フランジ NW25フランジ
使用流体 大気またはガス(腐食性ガスを除く)
使用環境  周囲温度10℃~40℃
電磁弁 定格電圧(V) AC100(50/60Hz) AC200(50/60Hz)
起動電流(A) 0.032/0.027 0.016/0.014
保持電流(A) 0.028/0.022 0.014/0.011
外形寸法 外形寸法図参照
質量 1kg

※1. 20℃空気に対する分子流領域での値です。

※2. メインシール、ボンネットシール及び軸シール部

※3. ピストン及びネジシール部

外形寸法図

外形寸法図

カタログダウンロードPDF:1.35MB

このページのトップヘ